公開履歴
お腹の脂肪を心配する女性

最近のダイエット方法というのは、実に多様化してきています。
運動や食事制限などの従来からの方法もあるのですが、それほど体に負担をかけずにできるダイエットピルの服用というものが密かな人気です。
ダイエットピルというのは、医療機関などで出してくれるやせ薬であり、肥満の人が対象になっています。
しかし、美容外科などでは、標準体重以上でない人にでも出してくれることもあり、それほど太っていなくても服用する場合もあるのです。

ダイエットピルの種類としては、脂肪分を体外に排出する効果のあるものや食欲を抑制する効果のあるものなどがあります。
中でも辛い食事制限などをしなくてもいいような脂肪分を便と共に抱いてくれる効果のある薬が人気なのです。
ゼニカルというオルリスタットという有効成分が含まれているダイエットピルがありますが、これは、食事と共に摂ることによって排便の際に、摂取した油分の30%が出るという効果を実感できるものです。
ですから、揚げ物や炒め物などの油っこい料理を食べる際に服用すると効果的です。

仕組みとしては、オルリスタットが脂肪分解の役目をする酵素であるリパーゼに作用して、腸内での脂肪の吸収を阻害するのです。
ですから、体に油が吸収されにくくなるというわけです。
しかし、効果が高い分副作用には注意が必要です。
以下に主な副作用を引用しましたので、ゼニカルの服用を考えている方は参照してみてください。

最も多く生じる副作用は胃腸症状となります。 治療開始後1年目に生じた胃腸症状の内訳は、おならの増加(23.9%)、急な便意(22.1%)、脂肪便(20.0%)、脂肪の排泄(11.9%)、排便回数の増加(10.8%)、便失禁(7.7%)となりました。 これらの多くは軽度かつ一過性であり、治療開始後3ヶ月以内に現れ始めますが、1週間続く事は少なく、長くても4週間で改善する例がほとんどで、2年後にはいずれの割合も1〜5%まで低下しました。服用を始めた頃は万が一に備えて下着が汚れないよう工夫しておくとよいでしょう。 この他、頻度は下がりますが、腹痛や悪心・嘔吐、下痢、虫歯、歯周病、頭痛、疲労感、生理不順、肝機能障害などの副作用も報告されています。

引用元:ゼニカル42錠の通販:単品7,980円【まとめ買い28%割引】ネット総合病院

ゼニカルは先発品ですが、その後発のジェネリック医薬品というものも出回っています。
オルリスタットという成分と同じ商品名のジェネリック医薬品がインドのメーカーから発売されており、かなりの安価で入手が可能なのです。
ジェネリック医薬品は成分や効果も同様であるので、安心です。

また、個人輸入であれば、法的にも認められているので、安心安全な業者に申し込みをして入手するというのもいいでしょう。